お金を貸して欲しい時

「お金を貸して欲しい」っていうときって誰にでも起きることだと思います。書くいう僕はしょっちゅうお金に困っているので、いつでもお金を貸してほしい状況になっています。

先日もスマホゲームにはまってしまって、ついつい課金をやりすぎてしまったのです。1回の課金額が85円とかですので、そんなに大した金額にならないだろうという甘い考えから、どんどん金額が膨らんできたのです。

幾ら1回が85円だったとしても回数を積み重ねればすごい金額になりますし、何回かその画面がクリアできずに課金し続けていると、いいアイテムをもらえる代わりに、170円とか250円とかちょっとか金額が増えてきていたりするのです・・・。この課金をついついやっちゃうんですよね・・・。

で、1か月のか金額で25,000円にもなってしまっていたのです。スマホゲームって怖い(´゚д゚`)

毎回給料をぴったり使ってしまう僕は、このいつもより余分な25,000円はどうにかしてお金を作らないといけないのです。まあ、お金を貸してほしいってことですよね・・・。

このお金を借りる時ですが、僕は必ずカードローンを利用して借りるようにしています。

お金を貸してほしい時の借りる相手ですが、カードローン以外にも、両親や身内、彼氏、彼女、友人、知人といった人たちも候補には上がるかもしれませんが、このような人たちからは必ず借りないようにしています。

お金の貸し借りで縁が切れてしまう人ってホントにいますからね。なかなか返せれないという状況になることもありますからね。そういう時ってお互い気まずいです・・・。

その点、カードローンで借りたらばローン会社に返済ですので誰に気を遣わなくてもいいですし、月々返済していくわけですので、一気に返済しなくてもよくて楽ですからね。

昔のカードローンは金利も高かったのでどうかな?と思う部分もありましたが、今は利息制限法内の低金利に抑えられているので問題なく利用できるかと思います。

各カードローンに関しては≪こちら≫を参考にしてください。

【パズドラで200万円】

先日、美容室に行った時にいつものようにスマホゲームをしてました。すると、担当の美容師の方に「スマホゲームするんですか?課金とかします?」とかって聞かれてドキッとしました。

課金のし過ぎでお金を借りてしまったなんてことは言いたくありませんから。

「お金がもったいないので課金なんてしませんよ~・・・」なんて言うと、「そうですよね。もったいないですよね!」って言われました。確かにもったいないですもんね。

でも、その美容師の方の友人で1か月に200万円もの課金をした人がいる用なのです。パズドラで。

そんな1か月に200万も課金なんてできるわけないだろ?って思っていると、何でも土地やマンションを結構持っていて家賃収入が月に200万円ぐらい入る人らしいのです。しかも、普通に会社員としても働いているようなのです。

それならば、200万円ぐらい課金することもあるか?って一瞬思ったけど、いくらお金を持っていたとして、200万円もパズドラに課金するなんてどうかしていますよね。

何でも、その200万円使った時は1旬だけランキングか何かで全国1位になったらしいですよ。圧倒的に1位だろって思うけど、競っていた人もいるみたいなので、全国にはほかにも100万円とか200万円とかを課金する人がいるってことですね。

パズドラといったような課金ゲームを作っている会社ってもちろん儲かるでしょうね。恐ろしい世界です…。

【車を買う場合はいつもお金を借りている】

車を買った場合、いつもお金を借りていました。友人やクレジット会社、銀行等から、借りました。

最初に買った車は、中古車でした。就職した際、全然お金を持っていなかったので、友人から五十万円ほど借りました。

そして、残額は、自動車ローンを組みました。このローン、銀行でなくクレジット会社でした。単純に販売店で薦められたローンに入ったという事です。

毎月、ローンを払い、夏と冬のボーナスで友人から借りた金を返しました。結局、四年間のローンを組んでいたのですが、二年後の車検時に乗り換えました。

新車を購入したので、下取り車としました。残債整理も全てお任せしました。

銀行ローンと違って、所有権は、私になかった事を知りました。二年間働いた事や銀行ローンの方が金利も安いので、銀行ローンにしました。審査は、すぐ通りました。

前回と違って、お金を借りて、そのお金を販売店に支払いました。形式上、キャッシュと変わらない形です。クレジット会社の自動車ローンより便利に思いました。また、銀行ですので、繰上げ返済に自分で行く事もできます。

ただ問題は、審査が厳しいという事です。お金を借りるなら、親や親戚、友人等に無利子で借りるのが理想です。

けど、そう簡単に貸してくれる人は、少ないと思います。

【リフォーム資金が必要なためお金を借りた】

私は家のリフォームのため、お金を借りたことあります。

家と言っても自分の住まいではありません。私は不動産の賃貸収入でご飯を食べているのですが、最近はこの不景気でなかなか新しいお客さんが入らず、収入が伸び悩んでいます。

そのうえ、新築物件がどんどん増えているため、待った無しのヤバイ状況になっています。このような中でお客さんをゲットするためには、ただ待っているだけではなく、攻めの賃貸経営が必要になってきます。

そこで私は家族に借金をして、賃貸不動産のリフォームに踏み切りました。一戸約百万円かかるリフォームを複数戸実施しましたので、一千万円近い出費になってしまいました。

さすがにそれだけの大金を自分だけで捻出する余裕はなかったので、家族に半分出してもらいました。そもそもその賃貸物件は私が管理する予定ではなかったところ、急遽、私が駆り出されたという経過があるため、他の家族は渋々ではあるものの借金を断られることはありませんでした。

その借金により、その物件は見事に蘇りました。今のところ、空室が全て埋まったわけではありませんが、これまでとは違って、お客さんを呼んでくれるような雰囲気はあります。

そもそもこういった投資は苦手な性格ではありましたが、借金してでも勝負しなければならない時もあるんだと自分に言い聞かせています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>