春は嬉しいけどお金もかかる!

我が家が一番お金に困る時期は、毎年春です。
心も開放的になる大好きな季節ですが家計がひっ迫します。
新入学が重なる年はお祝いを贈ることも重なる場合もありお付き合い上、削れない部分なだけに更に大変です。

この時期はどの家庭でもそうですが、固定資産税に車二台の自動車税と税金貧乏になりがちになります。
我が家も築8年のマイホームの固定資産税がまだ14万と安くなく、快適な生活を手に入れた代わりに支払いも決して楽ではありません。

そして中学になってから増額された娘の塾代も春には施設管理費や教材費などがまとめて春に引き落とされたりするのです。
そして5月には母の日もやってきますしね。
補てんする間がなく過ぎて行ってしまう感じです。

もちろん、そのために月々少しずつ貯蓄しようと心掛けてはいるものの、娘が中学になってからは余計に支出が増えて苦しいと感じることが多くなりました。

でも、そんなこといったって最低限の支出は仕方ないですし、出来る節約をこころがけるほかありません。

苦しいなりに心掛けていることは、先取り貯金です。もともと買い物好きな性格も災いして貯めようと思う気持ちより物欲が買ってしまうこともある私。
そんな私には給料がもらったらすぐに先取り貯金をすることが一番貯まる方法だと気づきました。
旦那の給料からは、ローンの引き落としもあるのでボーナス時期にまとめて貯蓄するようにして、毎月は私の収入から貯蓄しています。

とはいってもパート代金からは4万円が精いっぱい。
単純計算これでは50万足らず。
そこにボーナスを加算しても年間100万円というのは無謀?に近いのはわかっていますが、あえて高い目標を定めていると、自然と無駄遣いも減ってきました。

これから高校大学とますます家計をひっ迫する時期が続くのでしょうが・・ちりも積もればです。

あとは光熱費ですね。
春から夏までは、基本的に電気代も節約しやすい時期です。
我が家はオール電化ですので早起きを心掛け、深夜電力の恩恵を活用して洗濯と掃除とお弁当の準備をやってしまいます。

正直、これで対策になっているか・・と言われれば、まだまだ課題は山積みですが、やらないよりやるほうがましですよね。

あと、給料日の前にまだ残高がプラスになっていると俄然、次の月へのやる気へとつながりますよ。
先取り貯金プラスで、一万貯蓄したりできる月もあり、ひそかな楽しみにもなっています。
貯金は目で見て少しずつでも増えていきますからね。
始めるとくせになってきて、やめられなくなりますよ。

しかし、旦那も自営業であと何年働けるかわかりません。
退職金みたいなものもちゃんとあるのか、心配です。
小規模企業救済というのがあって、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する救済制度というものがあるらしいです。
困った時には、そんな方法もあることを覚えておいた方がよさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>